ホーム>LANDMASTER BLOG

LANDMASTER BLOG

チタンアクスルシャフトのサービス品

201761512722.jpg

今回初めて目にされた方もいると思います。

FFSグリスプレミアムですが、通常は販売していないPROーSPECタイプです。

量を製造することができないので、サポートしているドライバーやライダーから注文を受け、ある程度まとまったときにしか製造することができません。

オービトロンの他のグリスもそうですが、チタンアクスルシャフトやチタンボルトにオービトロングリスを使用することで、驚くほどの軽快性と快適性が生まれ、タイヤのグリップ感も変わります。

硬質な乗り心地の他の車両に対しても、このグリスは効果的に働きます。

またチタン素材のかじり対策としても有効な成分が含まれています。

 

現在のところ、当社のネットショップでチタンアクスルシャフトをお買い上げのお客様には、このPROーSPECグリスがもれなくサービスで付いてきます。

現在のところと書きましたが、期限は設けていません。

つまり、今後継続的にということになります。

パワーモジュール 在庫僅少

201766172629.jpg

新しくなったパワーモジュールのMシリーズの在庫が底をつきつつあります。

新たに生産する予定ですが、筐体を製造する工場にMシリーズのサイズの在庫がありません。

現在のところ筐体が入荷するのに約1ヶ月半かかります。

そこから筐体のプリントを行い、製造に入りますので、在庫が補充されるのは8月上旬になる予定です。

Mシリーズは、写真の下段左4種類ですが残りの個数は下記の通りです。

・M8GLi 8個

・M8 5個

・M4 2個

・M2 8個

 

すべて在庫限りです。

それ以外のパワーモジュールに関しては、現在のところ影響は出ていません。

 

 

オービトロン パワーモジュールクアッドプラス

2017518185438.JPGのサムネイル画像のサムネイル画像

久々にパワーモジュールの評価をいただきましたので、掲載いたします。

https://blogs.yahoo.co.jp/furasora/33113598.html

 

パワーモジュールはセンターデバイス

ここ最近は新製品であるパワーエミッターの記事が多くなっていますが、車の重要な部分がエンジンであったり、人間で言えば脳や心臓にあたるのが、オービトロン パワーモジュールです。

効果を発揮するまでの時間が長いので、どうしても瞬間的にパワーが立ち上がってくる製品の方が評価は高くなりがちですが、実はパワーモジュールがあるからこそ、パワーエミッターもより効果を発揮できるのです。

またパワーエミッターの効果がある場所に特化しているのと比べると、パワーモジュールの効果は車両全体に及びます。

エンジンをかけて、走り始めのタイヤのフィーリングに注意を向けてみてください。

明らかに路面を噛むタイヤの反応が違いますし、またサスペンションの動きも変わります。

 

 

オービトロン パワーエミッター2のインプレ

201751718129.jpg

オービトロン パワーエミッター2のインプレがアップされていましたので、リンクを貼ります。

https://blogs.yahoo.co.jp/yam130jp/36731657.html

外観上は1も2も3も形状は変わりません。

色が分かれているだけです。

1はブルー、2はレッド、3はイエローです。

エネルギーの出方や量の変化があり、その能力によって分けています。

 

不思議なパワーエミッター

パワーエミッターを装着することに対して、こんなもので効果があるのかと疑問に思う方は多いでしょう。

オービトロンシリーズの中で最も体感しやすいのがパワーエミッターと言えるでしょう。

一番に感じるのがその意外性です。

 

効果の大きいパワーエミッター

装着に手間はかかりません。

慣れていれば数分で終わります。

ほとんどの方は、「効いたとしても大したことは無いだろう」と思うでしょう。

その想像は、走り始めると打ち砕かれます。

 

 

 

オービトロン パワーエミッター1のインプレ

2017516184357.jpg

オービトロン パワーエミッター1のご評価をいただきましたので、リンクを貼ります。

http://makkurogs.exblog.jp/24101091/

 

・パワーエミッターの効果

エンジンブレーキの緩和、俊敏なエンジンレスポンス、エンジンのトルクアップ、スムーズな回転フィールなどがあげられます。

 

 

・パワーエミッターの種類

1から3までの種類があります。

1はパワーの出方は一番穏やかですが、耐久性に優れています。

2はパワーの出方は1と比べると幾分ピーキーで、全体的にパンチがあります。腐食性が高い金属を使用していますので、水を嫌います。

3は全域で1や2を上回る効果です。こちらも水を嫌いますが、2以上に水には気をつけてください。

オービトロン パワーエミッター1のインプレ 第二弾!

2017228164825.JPGのサムネイル画像のサムネイル画像

オービトロン パワーエミッター1のインプレがアップされていましたので、リンクさせていただきました。

前回は三菱スペースギアのエアインテークダクトに装着でしたが、今回はHONDA Africa Twinのラジエターホースに装着です。

https://blogs.yahoo.co.jp/furasora/33091893.html

 

パワーエミッターの装着場所

パワーエミッターはブローバイホース、ラジエターホース、吸入エアダクトなど、高温にならない場所に装着可能です。

管やパイプ・ダクトに巻きやすいようにしなやかなテープ状になっています。

巻き付けた後は外れないように両端をタイラップで固定させます。

またどのような車両にも装着できるよう、極めて高い汎用性を持たせています。

 

 

パワーエミッターの効果

で発生しているフリクションを減少させます。

ためにエンジンブレーキが緩和されます。

域でのトルク感の充実やエンジンの高回転域での伸びが確認できますが、乗り方次第で燃費が向上するでしょう。

 

パワーエミッターのお買い上げはこちらから

http://www.landmaster-japan.co.jp/shop/products/list.php?category_id=14

オービトロン パワーエミッター1のインプレ

2017228164825.JPGのサムネイル画像のサムネイル画像

オービトロンパワーエミッター1のインプレがアップされていましたので、リンクさせていただきました。

https://blogs.yahoo.co.jp/furasora/33082495.html

 

パワーエミッターの装着場所

パワーエミッターはブローバイホース、ラジエターホース、吸入エアダクトなど、高温にならない場所に装着可能です。

管やパイプ・ダクトに巻きやすいようにしなやかなテープ状になっています。

巻き付けた後は外れないように両端をタイラップで固定させます。

またどのような車両にも装着できるよう、極めて高い汎用性を持たせています。

 

パワーエミッターの効果

エンジンで発生しているフリクションを減少させます。

このためにエンジンブレーキが緩和されます。

低速域でのトルク感の充実やエンジンの高回転域での伸びが確認できますが、乗り方次第で燃費が向上するでしょう。

 

 

パワーエミッターのお買い求めはこちらから

http://www.landmaster-japan.co.jp/shop/products/list.php?category_id=14

小説家「井上勝夫」氏によるオービトロンの評価2

20173175314.jpgのサムネイル画像
小説家「井上勝夫」氏によるオービトロンパワーモジュールとスパイラルの記事がアップされていましたので、掲載いたします。
特性などは、車両や車両の状態によっても異なります。
 
 
 
 

パワーモジュールとは

2017318826.jpgのサムネイル画像
バッテリーのマイナスターミナルに装着することで、車体に発生している静電気を中和・低減する装置です。
装着直後からエネルギーを放出し効果を発揮し始めますが、時間の経過と共にその効果が大きくなっていくのが特長です。
振動の低減、回転フィールの向上、低速域の力強さなど、車両本来の性能を向上させるパーツです。
車種を問わず様々な車両に装着できる汎用性の高さも魅力です。
 
 

スパイラルとは

2017228164825.JPGのサムネイル画像

幅10mm、長さ300mmのテープ状の部品です。
ブローバイホース、ラジエターホース、吸気ダクト、燃料ホース、油圧ホースなどに巻き付けます。
装着直後、直ちに効果を発揮します。
エンジン周りで発生している静電気を中和・減少させ、本来の機能を発揮します。
特にエンジンにおいては、不快な振動を無くし、レスポンスが良くなり、エンジンブレーキによる急激な減速が緩和されます。
アクセルを踏み込んだときの加速や滑らかさは、まるで別の車両になったかのような驚きを感じていただけるでしょう。
 
 
#オービトロン #パワーモジュール #スパイラル #ランドマスター

小説家「井上勝夫」氏によるオービトロンの評価

20173175314.jpg

小説家「井上勝夫」氏によるオービトロンパワーモジュールとスパイラルの記事がアップされていましたので、掲載いたします。

特性などは、車両や車両の状態によっても異なります。

http://blogs.yahoo.co.jp/nz_red_frog/56249335.html

 

 

パワーモジュールとは

2017318826.jpg

バッテリーのマイナスターミナルに装着することで、車体に発生している静電気を中和・低減する装置です。

装着直後からエネルギーを放出し効果を発揮し始めますが、時間の経過と共にその効果が大きくなっていくのが特長です。

振動の低減、回転フィールの向上、低速域の力強さなど、車両本来の性能を向上させるパーツです。

車種を問わず様々な車両に装着できる汎用性の高さも魅力です。

 

 

 

スパイラルとは

2017228164825.JPG

幅10mm、長さ300mmのテープ状の部品です。

ブローバイホース、ラジエターホース、吸気ダクト、燃料ホース、油圧ホースなどに巻き付けます。

装着直後、直ちに効果を発揮します。

エンジン周りで発生している静電気を中和・減少させ、本来の機能を発揮します。

特にエンジンにおいては、不快な振動を無くし、レスポンスが良くなり、エンジンブレーキによる急激な減速が緩和されます。

アクセルを踏み込んだときの加速や滑らかさは、まるで別の車両になったかのような驚きを感じていただけるでしょう。

オービトロンスパイラルのインプレッション

2017228164825.JPG

発売予定のオービトロンスパイラルですが、追加で欲しいとのことで、ご用意させていただきましたが、

インプレッションがアップされていましたので掲載いたします。

 

http://blogs.yahoo.co.jp/r246caferacer/14674349.html

 

 

オービトロンスパイラルの効果

オービトロンスパイラルはブローバイホースやラジエターホースに巻き付けるだけで、その効果を発揮します。

エンジンブレーキの緩和・低減、俊敏なエンジンレスポンス、低速域での力強さ、スムーズな回転上昇などです。

当初テストを始めたときに、私自身が驚いてしまったくらいです。

 

オービトロンスパイラルは装着も簡単

開発がスタートした当初のものは、本体に固定する金具もありませんでした。

このためにホースやケーブルにスパイラル状に巻いた上からタイラップで固定していました。

試行錯誤の末、両端に環を装着することによって、本体を傷つけることも無く、しっかり固定できるようになりました。

実は昨年の秋に発売を予定していましたが、より安全に、より便利にと考え、試行錯誤を繰り返しました。

 

オービトロンスパイラルの発売時期

現在のところ、本体を入れる箱の製作に取りかかっています。

予定では1ヶ月程度ですから、4月の初旬には発売できる見込みです。

価格はまだ未定です。

それから色は3種類ありますが、販売するのはブルーのものになります。

実は青、赤、黄色でエネルギー量や特性が変わるのですが、その違いは秘密です。

ページ上部へ